昆虫一口メモ 写真コーナー

* 画面上にマウスポインターを近づけると、画像が変わります。 
(参考) ネズミモチの新芽と実  
イボタガ (Brahmaea japonica)の発生     2017年4月9日     18時頃     玉野市番田
 イボタガは毎年春先、自宅周辺で発生している。本種はイボタの木、キンモクセイ、ネズミモチなどの
モクセイ科を食樹としているが、ネズミモチは自宅入り口近くの道路脇の傾斜地に自生しており、以前に
幼虫を採取、飼育した経験がある。写真はエノキに静止していた個体と食樹のネズミモチである。

吉田義男
昆虫一口メモのページへ           ホームへ戻る