昆虫一口メモ 写真コーナー

キアゲハがウスバサイシンを摂食     2016年7月20日     16時頃        玉野市番田
 自宅に植えたウスバサイシンをキアゲハの終齢幼虫が食べているところを目撃したので報告します。
ウスバサイシンとミヤコアオイは、いずれもギフチョウ類の飼育目的で長期にわたり直植えしている株で
あるが、たまたまキアゲハの幼虫1頭がウスバサイシンを摂食しているところを目撃した。
隣のミヤコアオイには新しい食痕は無かった。談話会、三宅誠治さんによれば、ウスバサイシンを
キアゲハが摂食する記録は初めてでは無いとのことである。
尚、幼虫は蛹化したが、固まったままで羽化しなかった。     
      動画⇒
吉田嘉男

昆虫一口メモのページへ           ホームへ戻る